日本建築界の偉才、村野藤吾の家具が一堂に会する展示会をイデーショップ 梅田店で開催します。2017.07.20

ディテールにこだわり、仕上がりに高い技術を求めた建築家・村野藤吾。このたびイデーショップ 梅田店では、「人間の手でものを作り上げる」という彼のヒューマニズムの精神がちりばめられた家具を、関西で初めて一堂に会しご紹介します。

村野藤吾の家具展真に豊かな生活、理想の生活とはいったい何なのか。イデーは「生活の探求」をテーマに、美意識を持って生きる「暮らし」を、家具を通して提案し続けてきました。
わたしたちの重要な活動として、日本のモダンデザイン(1950年代~1980年代)を検証し、 この時代に埋もれてしまったものの中から現代のフィルターを通して魅力あるデザインを発掘し、製品化するプロジェクト、「JAPANESE MODERN MASTER」があります。
今回その一環として製品化を実現した村野藤吾の家具を関西で初めて一堂に会しご紹介します。彼が手がけた建築にあわせてデザインされた、細部にまでこだわった家具をぜひご覧ください。

【同時開催】写真家 鈴木理策氏による村野建築の撮り下ろし作品の展示
JMMスペシャルサイト http://www.idee.co.jp/jmm/

村野藤吾
村野藤吾 Togo Murano 1891-1984

戦前戦後を通じて、数々の名作を残してきた昭和を代表する建築家。 ディテールにこだわり、仕上がりに高い技術を求めた作品には、「人間の手でものを作り上げる」という彼のヒューマニズムの精神がちりばめられている。主な作品は世界平和記念聖堂、旧千代田生命本社ビル(現目黒区役所)、初代大阪新歌舞伎座など。 常に空間の隅々まで気をめぐらせ、家具や照明のデザインも多数。佐賀県唐津市出身。

■展示会概要
JAPANESE MODERN MASTER
村野藤吾の家具展
日時:2017年7月28日(金)~8月31日(木)
会場:イデーショップ 梅田店

CLOSE