イデーショップ 自由が丘店にて「セルジュ・ムーユのカタチ」を開催2018.01.16

イデーショップ 自由が丘店/梅田店では、2月2日(金)よりフランスのデザイナー、セルジュ・ムーユ(Serge Mouille)のランプを一堂に集めた展示会「SERGE MOUILLE RÉTROSPECTIVE セルジュ・ムーユ のカタチ」を開催します。

セルジュ・ムーユのカタチ1950年代前半から60年代の半ばにかけての短い活動期間にも関わらず、自然の造形というデザインモチーフと素材との対話、そして職人的技術によって生まれたセルジュ・ムーユによる美しいフォルムの一連のランプは、同時代に活躍したシャルロット・ペリアン、ジャン・プルーヴェらの作品と同様、当時のパリのデザインシーンを牽引してきました。
期間中は、現在イデーで復刻をしている8作品の展示販売に加え、2006年まで販売をしていた「COCOTTE」のシルバーを30台限定で復刻します。ブラックとは異なる魅力を持つシルバーは空間に程良いアクセントを与え、デスクランプとしてまたウォールランプとしても愉しめるアイテムです。この機会にぜひご覧ください。

【展示会概要】
SERGE MOUILLE RÉTROSPECTIVE
セルジュ・ムーユ のカタチ

開催日時:2018年2月2日(金)~2月26日(月)
開催店舗:イデーショップ 自由が丘店イデーショップ 梅田店

【Limited Item】
COCOTTE シルバー塗装
発売日:2018年2月2日(金)
発売数:30台
価格:42,120円(税込)
販売店舗:イデーショップ 自由が丘店イデーショップ 梅田店イデーショップ オンライン

セルジュ・ムーユ Serge Mouille (1922~1998)
1922年フランス・パリ生まれ。銀細工職人として教育を受けたのち、パリに自身の工房を開設。カトラリーなどのシルバーウェアをデザインする。1953年にジャック・アドネからの依頼で手仕事による照明デザインを開始。1956年、パリのアートシーンを担ったステフ・シモン・ギャラリーにおいて、ギャラリーのスポットライトをデザイン。同時に、同ギャラリーにて、プルーヴェ、ペリアンやジョルジュ・ジューヴ、イサム・ノグチらの作品とともに受注作品を発表し、世界中の建築家やデザイナーから注目を浴びる。その後、病気で一度仕事を休止するが1961年に若い照明デザイナーを奨励するためSCMを設立。1965年に生産活動を終える。1980年代にはパリやニューヨークで回顧展が開催され、世界的評価を受ける。

セルジュ・ムーユ特集ページ

CLOSE